断熱性の優れた注文住宅の建設会社が高崎にあります

群馬県高崎市の建設会社では、すでに次世代省エネルギー住宅の提供を始めています。

次世代省エネルギー住宅とは、省エネ部門において現在の住宅性能表示制度よりもさらに上の基準をクリアすることです。



そもそも住宅性能表示制度とは、家全体の構造の安定度や火災の時の安全性、換気対策や高齢者への配慮具合などを細かく項目化しそれぞれ何段階かの基準を定めてあるものです。



こうしておきますとまったく別な場所の違う建物同士で数字で比較ができることになりまして評価がしやすいのです。
項目の多くは最高等級が今のところ3なのですが、中には最高が4の項目があります。


その一つが温熱環境という項目のさらに断熱性の部門でして、等級3のレベルに達しているものの中でもさらに気密性や断熱性に優れているものは4を取得することができますが、これを次世代省エネルギー住宅と定義しています。

断熱性の4は平成25年の基準で新しく設けられたものです。



この会社では、すでに注文住宅でこの4の段階の商品を提供しているわけです。

高崎など群馬県は夏は非常に暑く冬は大変寒いという地理条件ですので、このような断熱力が強い注文住宅は群馬にとても合っていますし、その分光熱費も節約できますので経済的にもとても助かる構造です。

家全体が同じように暖かいですから、建物の隅々まで生活に使えるという利点もあります。
この会社は施工の範囲を地元群馬のみに絞っています。

そのため群馬の無垢の木をたくさん用いたり、広告費を多くかけないために住宅の費用を安く抑えたりもできています。


断熱性に優れて冷暖房費も多く必要ではなく、冬も暖かい注文住宅なら高崎のこの建設会社が得意です。

top